引っ越し荷造りの最中ほど、片付けは大事です

足の踏み場もない状態は危険

引っ越しが決まると荷造りが始まりますね。家の中はてんやわんやになります。しかし、荷造りの最中は危険がいっぱいです。この時期こそ、片付けは大事なものです。常にすっきりした状態に保つよう心掛けましょう。散らかしっぱなしは厳禁です。荷造りでは天袋など、普段使わない場所のものを次々と引っ張り出す必要があり、踏み台や脚立などを使うことも多く、危険な作業が伴うからです。組み立て式家具や家電などの分解でもケガに注意しなければなりません。広い空間が必要です。

荷物の積み上げ方にも注意

広い足場を確保するため、荷物は上へ上へと積み上げることになりますが、これにも注意が必要です。重い物は下に、軽い物を上にです。この辺をテキトーにしておくと崩れ落ちてきかねません。荷造りは普段の生活をしながらですから、一度段ボールに詰め込んだものをまた取り出すこともあるでしょう。その時も、段ボール箱の積み方は大事になってきます。重い段ボール箱が上にあったら悲惨です。こんな時のためにも、どこに何が入っているかをメモしながら作業をするといいですよ。

引っ越し代金を下げるためにも、捨てましょう

引っ越しは不用品を処分するいい機会です。数年間使わずにいたものは今後も使わないと割り切って、思い切って捨ててしまいましょう。引越しがないなら、置いておくのはタダですけど、引越し荷物として持っていくとそれだけ引っ越し料金は高くなります。引越し代金は、用意するトラックのサイズで決まります。荷物は少ないにこしたことはないのです。不要なものを片付けるとしたらこの時しかない、くらいに思って、なくても困らないものはバッサリ処分してしまうことをおススメします。

埼玉の不用品の回収業者では、状態の良いものを買取してくれる所があります。お金をかけて処分するのとは違い買い取ってくれるので思わぬ収入を得る事が出来ると言われています。

コメントは受け付けていません。