メールでデータをやりとりするときにはセキュリティに要注意!

まずはウィルスに要注意

コミュニケーションや連絡のための手段として、メールが利用されるようになりましたが、そのメールでコミュニケーションをする前に注意しなければならないことがあります。それはウィルスの脅威に備えるということです。パソコンに感染するウィルスの多くがメールから感染している事実がありますので、メールを利用される方はウィルス対策はしっかり行っていきましょう。対策ソフトを入れたり、怪しいファイルを安易に開かないと言った事が求められます。

第三者に見られないようにパスワード管理

また、インターネットのフリーメールを利用される方は、そのログインパスワードの管理をしっかりするのもセキュリティ向上には欠かせないポイントです。もしアドレスとパスワードが第三者に知られてしまうと、メールの中身が全て見られてしまいます。大切な個人情報や、プライベートなメールが見られてしまうのは困りますよね。ですのでフリーメールを使っている方で、パスワードを設定して要る方は、パスワードが漏洩しないようにしましょう。ちなみに、簡単に予想されてしまうようなパスワードを使わないことも大切です。

ファイルに暗号化するのも手

その他には、メールの添付ファイルとして相手に送信するときには、ファイルを暗号化してパスワードをかけるという方法も便利です。万が一、メールが盗み見られてしまったりしても、ファイルを複合するためのパスワードが分からなければそれを開けません。重要な機密情報を添付ファイルで送信するときには、暗号化して送るとセキュリティが向上します。また、圧縮して送信すれば、相手がファイルを受け取るときにかかるダウンロード時間が少なくなります。

添付ファイルとは、一般的にEメール送信の際に添付するファイルを指します。画像やワード、エクセルファイル等様々なドキュメントをファイルとして送ることができます。

コメントは受け付けていません。