重要!トイレの詰まりで困らない為に知っておきたいこと

トイレは構造上詰まり易い

トイレは必ず毎日使用するものですので、使えなくなると非常に不便です。トイレが使用出来なくなる一番の理由は、便器の内部の詰まりです。便器の内部は構造上、詰まり易くなっています。決められた使い方をしていれば問題ないのですが、少しでも使い方を誤ると詰まってしまう恐れがありますので、正しい使い方をすることが重要となります。万が一、トイレが詰まった場合の対処法を確認しておくことも大切です。場合によっては、自分で詰まりを解消出来ることもあります。

トイレの詰まりの原因について

トイレにはトイレットペーパーと排泄物以外は流してはいけません。ティッシュペーパーなども水に溶けにくいですので、大丈夫だろうと思って安易に流してしまっては詰まりの原因になってしまいます。また、トイレットペーパーでも大量に流し過ぎたり、水流が弱ければ詰まってしまう場合があります。節水目的で常に弱い水流だけ使用していたり、タンクの中にペットボトルを入れていたりしますと、詰まりを起こす可能性があります。節水目的が逆に結果的に高い修理代を負担する羽目になってしまいますので、正しい使い方が重要となります。

トイレの詰まりを解消する方法

もし大量のトイレットペーパーを流したことが詰まりの原因ならば、半日や1日程度放って置くことで徐々にトイレットペーパーが水に溶けて行き、詰まりが自然に解消出来る場合が多いです。ただし、排泄物やそれ以外のものが原因で詰まりを起こした場合は、人為的に詰まりを解消することが必要となります。自分で出来ることはラバーカップで詰まりを解消することです。もし、ラバーカップを使用しても解消出来ない場合は、業者に依頼するしか方法がありません。あまり無理をして自分で解決しようとしないことも、悪化させない為には必要です。

トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーの流し過ぎの場合は、半日程度放置しておくことで詰まりが解消されるケースも多いです。

コメントは受け付けていません。