部屋の使い方に合ったインテリアのカーテンの選び方

赤は映画鑑賞などをする部屋に最適

赤のカーテンというのは、あまり見ないかもしれませんが、興奮作用があるため、例えばテレビを見ていたり、映画鑑賞をしているときに効果的な色と言えるでしょう。特に映画鑑賞などでハラハラドキドキするような作品を見ているときには、その興奮状態がより一層かき立てられるので、まるで映画館にでもいるようかのような雰囲気になるでしょう。大画面のテレビで見ていれば尚更です。そういった部屋にカーテンを使う場合には赤のものを使用すると良いと思いますね。

緑色のカーテンは寝室などに最適

そこまで濃くない緑色であれば、大自然の中にいるような雰囲気にさせてくれて、気持ちが落ち着く効果をもたらしてくれます。落ち着きたい場所というと、どこになるでしょうか?例えば寝室が該当するでしょう。1日の疲れを癒すための部屋ですから、そういった場所には落ち着ける色のカーテンを配置すると良いのです。それがそこまで濃すぎない緑色といったものになります。緑色というのもちょっと幅広いですから、目に優しい色を選べるとなお良いです。

黄色やベージュのカーテンは勉強部屋が最適

お子さんの勉強をするときの部屋にカーテンをつけるのであれば、黄色やベージュなどの色が良いですね。それはやる気とか、集中力を上げる効果があるからです。お子さんはどうしても勉強をしたがらない傾向にあると思いますが、それも自分の部屋の環境1つでがらりと変わる可能性があるので、そういう部屋のインテリアを考える際にカーテンの色を工夫してあげると、少しはやる気を出して、机に向かってくれるかもしれないので、知っておいてください。

ひもカーテンは光や風を通しながら間仕切りが出来るので、空間を作りたいと考える場合には非常に便利です。

コメントは受け付けていません。